Nakadomari

Nakadomari Official Website

このページをシェア

PROFILE

Nakadomari

沖縄出身、大阪在住。現在は音楽関連の研究者を目指しつつ、オンラインのみで音楽活動をしています。

ニューエイジ、ヒーリング系のインスト、感情をえぐるような歌ものを制作しています。

iTunes Storeなど各種楽曲配信サイトではNakadomariと検索していただければ楽曲一覧が表示されます。楽曲は当サイトの他、SoundCloudからも視聴可能です。ぜひNakadomariの世界観に気軽に触れてみてください。


SoundCloud

https://soundcloud.com/nakadomari

Twitter

https://twitter.com/Nakadomari327

Facebook

https://www.facebook.com/nakadomari/

Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/artist/nakadomari/1220131611

Spotify

https://open.spotify.com/artist/7oxOOp0kOzDi5VR6eDDCWD





MEMBERS

  • Nakadomari

    English


    A Japanese musician engaged in whole muisic creation process, writing, arrangement, mix, mastering, etc…

    My mother and grandfather are also musicains, though she doesn’t live on music. Their performance of the organ, piano, singing in my teens has been a key to my inspiration.

    The clue to my creative activities is also in my illness, “bipolar disorder”.
    My life’s manipulated by emotional waves, but now I’m willing to accept this and change into great works.
    I hope my songs can give you some movement.

    Thanks.

    ・・・・・・・・・

DISCOGRAPHY

幻風景

My 16th instrumental album mainly using the piano. ピアノメインの穏やかな風景を描いたアルバムです。

・・・・・・・・・

Indiscipline Unpunished -監獄の死-

My 15th instrumental album whose theme is "love in a closed prison".
「閉ざされた世界での愛」をテーマにした15作目のインストアルバムです。

・・・・・・・・・

五題詠 -5 Themes-

My 14th instrumental album which is created with clear 5 themes set at first.
予め決めた五つのテーマを基に制作した14枚目のインストアルバムです。

・・・・・・・・・

僕を待つ六つの別れへの備え(6 People Leaving Me)

My 13th album which expresses 6 kinds of "separation".
「別れ」のみをテーマにした13枚目のアルバムです。

・・・・・・・・・

激情薬(Passionisin' Medicines)

My 12th album which is just passionate, emotional, stimulating.
感情をえぐって刺激するような12枚目のアルバムです。

・・・・・・・・・

Universe

My 11th album whose theme is "the universe in myself".
「自分の中の宇宙」をテーマにした、開けてるけど内省的な雰囲気も持つ11枚目のアルバムです。

・・・・・・・・・

濡れ袖(Flavored Tears)

My 10th album consisting of on-vocal songs which will give you an impression of "alternative".
オルタナティブな雰囲気漂う、ボーカル入りの楽曲から成る10枚目のアルバムです。

・・・・・・・・・

Inner Calamity(心災)

My 9th instrumental album whose theme is "The storm in my heart".
「心の嵐」が起こる前、やってきた時、過ぎ去った時の3段階をテーマにした9枚目のアルバムです。

・・・・・・・・・

白黒・青写真(Black & White Blueprint)

My 8th album which I made remembering my past.
歌もの2曲を含む、過去を回想するようなミニアルバムです。

・・・・・・・・・

前科集(What This Did)

My 7th agrressive album.
「攻め」を意識した7作目のミニアルバムです。

・・・・・・・・・

Something To Bring

My 6th album consisting of various genres.
闇の中を進む時に「持っていきたいもの」をテーマに制作したアルバムです。歌もの"Sleep In A Ranch"と"ALBUM"やエレクトロなインスト"Unfair"、エスニックな"Vague Body"、そして物語のような"Short Life"を収録しています。

・・・・・・・・・

性讃式(せいさんしき)

My 5th instrumental album, which expresses our romantic and vivid lives.
自分の汚い部分も含め、すべてを美化しようというテーマで制作した5thアルバムです。

・・・・・・・・・

Love You If Dead

My 4th album "Love You If Dead" has a gentle and warm atmosphere, which leads you deeply to the world in yourself.
ドラマチックなサウンドにどこか儚い雰囲気が漂う4thアルバムです。

・・・・・・・・・

Beautiful Collapse

My 3rd instrumental album, which expresses success and failure in one's whole life.
汚いもの、良しとされないものを美しく描くことをテーマに制作した3rdアルバムです。

・・・・・・・・・

Bipolar Acoustics

My 2nd instrumental album whose theme is my illness "Bipolar Disorder".
落ち着いてダークな印象のインストアルバムです。電車の音を取り入れたものや5拍子のものなど、陰りがありながらも面白い仕掛けを施した作品集です。

・・・・・・・・・

Posted Instrumental Past

The instrumental album released by TAKASHI, my old name as a musician.
旧名義TAKASHIで発表したインストアルバムです。アコースティックからニューエイジまで様々なジャンルの作品を収録しています。

・・・・・・・・・

BLOG

音楽を聴きたくない日

2018/01/21 00:00

僕は作り手としても聴き手としても音楽が好きですが、同時にとんでもなく音楽を聴きたくない日があります。最近そういう日の特徴を考えてみたところ、主に3つに分けられるなと気づきました。

1 自分の曲を聴きたくない
リスナーの方はあまりピンと来ないかもしれませんが、音楽制作者って自分の作品を結構聴いてるんですよ。僕もそうですが、「聴きたい音楽が少ないから自分で作ってる」なんて人もたくさんいます。僕もよく自分の作った音楽の中で好きなものを聴くんですが、時々自分の曲を聴いてると気分が悪くなる日があります。
なんというか、内側に考えが向かいすぎて辛くなるんですよ。

2 自分の作品以外聴きたくない
今度は逆に、自分の作品しか聴きたくない日もあります。こういう日は僕の好きなミュージシャンやバンドの曲を聴いても何とも思わず、むしろちょっとうるさいとすら感じます笑
そんな日も内向きな思考回路になっているんでしょうが、不思議なことに気分は開けているというか、さっぱりしていることが多いです。

3 音楽全般を聴きたくない
3つ目は誰のどんな音楽であれ聴きたくない日です。店でなっている有線放送とか、とにかく音楽というものをシャットダウンしたい日があります。そういう日は自然や日常の音に静かに耳を澄ませるようにしています。精神的には一番乱れてることが多い日かもしれませんが、僕にとっては「自然や世間の音」に耳を傾ける日が大切な気がしてます。

以上の3つに加え、ヘッドホンなどで長時間楽曲制作、視聴をしていると耳が疲れるので、意識的に耳を休ませることもあります。何だかんだ、全部僕にとって必要な日です。

音楽が大好きな皆さんも、時にはオーディオ機器を止めて、いろんな音に耳を澄ませてみてもいいかもしれません(^^)

この情報をシェア

・・・・・・・・・