Tanaka-KOZO

★CDデビューからついに10周年!★2013年5月3日2ndアルバムリリース! ★有線リクエストもOn Air中!★夏や海をテーマに歌ってます。

このページをシェア

NEWS

有線放送リクエストON AIR決定!

posted 2016/07/14 00:09:30

僕の2ndアルバム「江ノ島」が有線放送に登録されることになりました。
みなさんの街でもリクエストしていただけたら感無量です。
ぜひ応援よろしくお願いします。^^/

※放送CHは、A-1かA-58、「J-POPリクエスト」からお聴き下さい。
宜しくお願いします。

U'SミュージックHP

http://www.usmusic.co.jp/



◆有線放送とは◆

「USEN(有線放送)」とは、スナックや喫茶店、コンビニやファーストフード店、レンタルショップ、カラオケ店、などでよくかかっている音声放送です。
「USEN(有線放送)」が流れている場所からリクエストをすると、その曲を必ずオンエアしてもらえます。

◆リクエスト方法◆

リクエストは有線放送の加入者向けのサービスです。

【1】お店の人に「有線のリクエストは可能ですか?」と聞いてみる。
OKなら・・・お店の人にやってもらう。もしくは自分でリクエストしましょう。

【2】「USEN440」と「SOUND PLANET」どちらのサービスかを確認

【3】「お客様リクエスト番号」を確認
※「お客様リクエスト番号」はお店に各支店より配付されている告知チラシに載っています

【4】以下に電話して、オペレーターに「アーティスト名」「曲名」「店名」「お客様リクエスト番号」を伝える。

<USEN440に御加入の方>
◆AE-1~5チャンネル[受付時間/10:00~22:30 日曜祭日を除く毎日]をお聴きの場合、
リクエストはフリーダイヤル 0120-709-301  ※携帯からは『03-5489-0464』へおかけください。

◆AE-6~9チャンネル[受付時間/10:00~22:30 年中無休]をお聴きの場合、
リクエストはフリーダイヤル 0120-709-302  ※携帯からは『03-5489-0465』へおかけください。
<SOUND PLANETに御加入の方>

◆AE-1~9チャンネル、AE-80~99チャンネル  [受付時間/10:00~22:30 年中無休]をお聴きの場合、リクエストはフリーダイヤル 0120-709-303  
※携帯からは『03-5489-1120』へおかけください。

この情報をシェア

・・・・・・・・・

PROFILE

Tanaka-KOZO

Tanaka-KOZO(たなか こうぞう)
1966年生まれ
シンガー・ソングライター

出版業・広告業を経て、2008年5月「Royal Summer Records」より1stアルバム「Tanaka-KOZO」をリリース。今年2013年はデビュー5周年にあたり、2ndアルバム「江ノ島」を5月3日にリリースする。趣味は食べ歩き、小旅行、写真であり、2ndアルバムのジャケットの写真も本人によるものである。

略歴
2006年4月、突然に20年前の学生時代で1年半だけやった事のあるバンド活動を思い出し、
1人弾き語りでライブをしようと思い立つ。楽器など弾いたことも無かったがギターとハーモニカを猛特訓し、
オリジナル曲を作る。

ライブ活動と並行して、関西のラジオ番組とタイアップしたインディーズ音楽サイト「音空(おんくう)」(※現在は閉鎖)へ、2006年の9月、音源を配信。

2007年3月より「音空」で月間DLランキングをスタートし、初代DLランキング1位となる。
その後4~8月まで半年間ランキング1位をキープ。
10月、11月も月間1位となり、「音空」はその年の12月に終了。

翌年2008年、3月7日。プライベートレーベル『Royal Summer Records(ロイヤルサマーレコード)』を設立。
5月28日『Royal Summer Records』よりファーストソロアルバム(12曲入り)『Tanaka-KOZO』をリリース。
国内及び海外で流通開始。

7月19日。
レディオ湘南、夏の特番「LOVE湘南 SummerBreeze」の第一回目ゲストとして、江ノ島特設ブースより公開生放送に出演。
アルバムの紹介として「SUMMER TIME」「夕凪」「月日と共に…」「自分らしくいこう」をON AIR。

8月4日。
FM多摩「G-WIND Live・Afternoon」の「今日のひるたま」に生出演。
アルバム紹介として「SUMMER TIME」をON AIR。

2013年、2月24日。
自身が執筆した小説、詩、エッセイをまとめた著作「夏を迎えに行く」を出版。

2013年4月より2ndアルバム「江ノ島」、有線放送ON AIR開始。

5月3日、2ndアルバム「江ノ島」をリリース。

5月18日、FM西東京の「まきまりsite」に出演。
アルバム紹介として「茅ヶ崎Blues」「江ノ電の唄」「江ノ島」をON AIR。

6月10日、レディオ湘南とコラボプロモーションスタート。
レディオ湘南HPへバナー広告を8月末までアップロード。

7月7日、レディオ湘南「ハピネス・サンデー」にてアルバム紹介、「茅ヶ崎Blues」をON AIR。

7月15日~7月19日、レディオ湘南「パレット」にて今週の曲紹介コーナーで1日1曲ずつ、2ndアルバム「江ノ島」の楽曲を連続ON AIR。

2017年
8月、持病の頸椎症性神経根症が悪化。現在、復帰に向けてリハビリ中。

2018年
9月5日、佐世保FM「ライブストリート」にて、アーティスト紹介及び、「江ノ電の唄」をON AIR。

2020年2月2日、L.T.M.全国インディーズランキング連続186週間1位を達成。

現在に至る。

DISCOGRAPHY

Tanaka-KOZO

発売日:2008/05/28
規格品番:RSRTK-1966
JANコード:4948722351733

夏に聴きたくなるクールボイス「Tanaka-KOZO」のファーストソロアルバムが満を持して登場!
80年代後半、BAZZのボーカリストとして活動したTanaka-KOZOが、2006年10月にソロとして復活。

自身の音楽ジャンルを"NEO ACOUSTIC ROCK"と称し、東京を中心に現在LIVE活動中。
2007年、インディーズランキングサイト「音空※(現在閉鎖)」の月間DL数ランキング、半年間連続第1位となる。

また2008年1月からは、インディーズランキングサイト「Listen To Music」にて、DLアクセス第1位を現在まで連続キープ中である。(※2008年3月現在。)

Tanaka-KOZOの魅力は、ロックを軸にした、レゲエ、カントリー、ボサノバ、ラテンなど、様々なジャンルの音楽を取り入れた多彩なサウンドと、Coolに夏や海を歌いこなす彼のボーカルスタイルにある。

今回の作品は彼がBAZZ解散後、長年書き溜めてきた楽曲の集大成となり、ファーストにしてベスト盤的な意味合いも持つアルバムである。


収録曲
1.SUMMER TIME
2.君が傍にいるから…
3.ひまじん
4.夕凪
5.風鈴
6.眩しい太陽
7.月夜
8.雨の休日
9.月日と共に…
10.列車に乗って旅に出よう
11.自分らしくいこう
12.TURN BACK (LiveVersion)

・・・・・・・・・

江ノ島

発売日:2013/05/3
規格品番:WITH-1005
JANコード:4582450853055

5年振りにTanaka-KOZOの2ndアルバムがついにリリース!
今回もKOZOおなじみの夏や海をテーマにしたアコースティックナンバーがラインナップ。
今作品では1stアルバムではあまり見られなかったエレキギターのフューチャー、またスライドギタープレイなどを多様し、よりブルース的なアプローチがなされているのが特徴だ。
このアルバムには、KOZOの視点から眺めた、眩しくも儚い湘南の風景があちこちに散りばめられている。


収録曲
1.茅ヶ崎Blues
2.とりあえずのBeer
3.江ノ電の唄
4.君と歩こう
5.南へ進んでる
6.触れてみたい唇
7.White Summer
8.I WISH
9.名も無き花
10.九月の雨
11.江ノ島
12.KONA WINDS

・・・・・・・・・

夏を迎えに行く

発売日:2013/02/24
※ライブ会場限定販売の著書(定価:1000円)

Tanaka-KOZOデビュー5周年記念で出版した18篇の小説と、5篇の詩、11篇のエッセイ集。
著者が約20年間書き溜めてきたものの中から、未発表作、新作、そしてブログで発表した原稿を加筆・修正した作品である。
本人がライブの演出の一つである、朗読コーナーで活用している一冊。

収録作品

- 小説 -
SEASON 
8月の午后3時 
そのとき彼が私を呼んだ 
夏の終わり 
雪を食べた日
それでも列車は走り出す 
初夏の午后に冷えたワインを
BIG WAVE 
時計 
夏の始まりを感じるとき
一軒のカフェ 
サンセット 
二人の花火大会
自転車に乗った いつもの帰り道
故郷へ帰ろう 
ちょっと海でも見に小旅行したい気分
海はつながっている ~ since 1986 
Surfer Girl 

- 詩 -
約束
華やかさばかりに目を奪われちゃあいけないよ 
欲望 
心の闇 
神さま 

- エッセイ -
午後にまったり、江ノ島ビールを…。
睡蓮鉢
夏の川魚といえば鮎
蕎麦屋で飲むことの楽しさとは、大人にならんとわからないね
カルピスを飲んでた あの頃の夏空
俺の子供の頃はこんな感じだった…。
素麺と西瓜
最後の夏 
GALAでの思い出
終戦記念日なのでまつわる話を…。 
POST CARD 

・・・・・・・・・

BLOG

夏詩の旅人と東日本大震災

2021/02/17 19:00

 もうすぐ東日本大震災が発生してから、10年になろうとしています。
僕の実体験にフィクションを交えた小説「夏詩の旅人」の中にも、この東日本大震災の模様が出てきます。

小説の中ではストーリーの構成上、あの地震の発生年数を前倒しして2003年にしていましたが、この小説に出て来るあの大震災は、紛れもなくあの東日本大震災を書いたものなのです。

僕はあの大震災が起きた中で、どうしても忘れられない人がいます。
結婚式を控えていた町の防災課に勤めている若い20代の女性が、沿岸の人たちに避難勧告を続けた為、逃げ遅れて津波に呑み込まれて亡くなった女性です。

彼女が叫ぶ防災棟からの避難勧告は、あの時に避難して生き延びた多くの人たちが聴いていました。

当時ネットでは、彼女の事が取り上げられていましたが、TVなどのメディアではほとんど彼女の事は伝えられていませんでした。。

あのとき彼女は、住民を守る為、逃げ出さず最後まで防災棟で避難勧告を続けていたのです。
どんなに怖かったことでしょう。
そして婚約者を残して死んでいった彼女は、どんなに無念だったことでしょう。

そんな彼女の事を風化させたくない想いで、僕は小説の中に彼女をモデルにした人物を登場させたのです。

「夏の旅人」という作品は、基本は1話完結の短編作品にしていますが、最終回だけは長編にした為、数話に分けて書いています。

「最終章」と題した「最終回シリーズ」は、ざっと400頁ほどの長さになり、その中では大震災の他に、原発問題やテロ問題、マスコミ報道のあり方といった事をいろいろ問いてみた内容にしました。

今回は、防災課の女性をモデルにした女性が登場する冒頭シーンのみを、3回に分けて効果音を付けた朗読用動画を作ってみました。

今、あらためて震災で亡くなった方々のご冥福を祈ると共に、私たちが生きている幸せを感じ、命を大切にして欲しいとみなさんに願いたいと思います。

https://ameblo.jp/tanaka-kozo-blog/entry-12654673514.html?frm=theme

この情報をシェア

COMMENT

何らかのエラーがあり登録できませんでした。
入力に不備があります

・・・・・・・・・