Tanaka-KOZO

★CDデビューからついに10周年!★2013年5月3日2ndアルバムリリース! ★有線リクエストもOn Air中!★夏や海をテーマに歌ってます。

このページをシェア

NEWS

有線放送リクエストON AIR決定!

posted 2016/07/14 00:09:30

僕の2ndアルバム「江ノ島」が有線放送に登録されることになりました。
みなさんの街でもリクエストしていただけたら感無量です。
ぜひ応援よろしくお願いします。^^/

※放送CHは、A-1かA-58、「J-POPリクエスト」からお聴き下さい。
宜しくお願いします。

U'SミュージックHP

http://www.usmusic.co.jp/



◆有線放送とは◆

「USEN(有線放送)」とは、スナックや喫茶店、コンビニやファーストフード店、レンタルショップ、カラオケ店、などでよくかかっている音声放送です。
「USEN(有線放送)」が流れている場所からリクエストをすると、その曲を必ずオンエアしてもらえます。

◆リクエスト方法◆

リクエストは有線放送の加入者向けのサービスです。

【1】お店の人に「有線のリクエストは可能ですか?」と聞いてみる。
OKなら・・・お店の人にやってもらう。もしくは自分でリクエストしましょう。

【2】「USEN440」と「SOUND PLANET」どちらのサービスかを確認

【3】「お客様リクエスト番号」を確認
※「お客様リクエスト番号」はお店に各支店より配付されている告知チラシに載っています

【4】以下に電話して、オペレーターに「アーティスト名」「曲名」「店名」「お客様リクエスト番号」を伝える。

<USEN440に御加入の方>
◆AE-1~5チャンネル[受付時間/10:00~22:30 日曜祭日を除く毎日]をお聴きの場合、
リクエストはフリーダイヤル 0120-709-301  ※携帯からは『03-5489-0464』へおかけください。

◆AE-6~9チャンネル[受付時間/10:00~22:30 年中無休]をお聴きの場合、
リクエストはフリーダイヤル 0120-709-302  ※携帯からは『03-5489-0465』へおかけください。
<SOUND PLANETに御加入の方>

◆AE-1~9チャンネル、AE-80~99チャンネル  [受付時間/10:00~22:30 年中無休]をお聴きの場合、リクエストはフリーダイヤル 0120-709-303  
※携帯からは『03-5489-1120』へおかけください。

この情報をシェア

・・・・・・・・・

PROFILE

Tanaka-KOZO

Tanaka-KOZO(たなか こうぞう)
1966年生まれ
シンガー・ソングライター

出版業・広告業を経て、2008年5月「Royal Summer Records」より1stアルバム「Tanaka-KOZO」をリリース。今年2013年はデビュー5周年にあたり、2ndアルバム「江ノ島」を5月3日にリリースする。趣味は食べ歩き、小旅行、写真であり、2ndアルバムのジャケットの写真も本人によるものである。

略歴
2006年4月、突然に20年前の学生時代で1年半だけやった事のあるバンド活動を思い出し、
1人弾き語りでライブをしようと思い立つ。楽器など弾いたことも無かったがギターとハーモニカを猛特訓し、
オリジナル曲を作る。

ライブ活動と並行して、関西のラジオ番組とタイアップしたインディーズ音楽サイト「音空(おんくう)」(※現在は閉鎖)へ、2006年の9月、音源を配信。

2007年3月より「音空」で月間DLランキングをスタートし、初代DLランキング1位となる。
その後4~8月まで半年間ランキング1位をキープ。
10月、11月も月間1位となり、「音空」はその年の12月に終了。

翌年2008年、3月7日。プライベートレーベル『Royal Summer Records(ロイヤルサマーレコード)』を設立。
5月28日『Royal Summer Records』よりファーストソロアルバム(12曲入り)『Tanaka-KOZO』をリリース。
国内及び海外で流通開始。

7月19日。
レディオ湘南、夏の特番「LOVE湘南 SummerBreeze」の第一回目ゲストとして、江ノ島特設ブースより公開生放送に出演。
アルバムの紹介として「SUMMER TIME」「夕凪」「月日と共に…」「自分らしくいこう」をON AIR。

8月4日。
FM多摩「G-WIND Live・Afternoon」の「今日のひるたま」に生出演。
アルバム紹介として「SUMMER TIME」をON AIR。

2013年、2月24日。
自身が執筆した小説、詩、エッセイをまとめた著作「夏を迎えに行く」を出版。

2013年4月より2ndアルバム「江ノ島」、有線放送ON AIR開始。

5月3日、2ndアルバム「江ノ島」をリリース。

5月18日、FM西東京の「まきまりsite」に出演。
アルバム紹介として「茅ヶ崎Blues」「江ノ電の唄」「江ノ島」をON AIR。

6月10日、レディオ湘南とコラボプロモーションスタート。
レディオ湘南HPへバナー広告を8月末までアップロード。

7月7日、レディオ湘南「ハピネス・サンデー」にてアルバム紹介、「茅ヶ崎Blues」をON AIR。

7月15日~7月19日、レディオ湘南「パレット」にて今週の曲紹介コーナーで1日1曲ずつ、2ndアルバム「江ノ島」の楽曲を連続ON AIR。

2017年
8月、持病の頸椎症性神経根症が悪化。現在、復帰に向けてリハビリ中。

現在に至る。

DISCOGRAPHY

Tanaka-KOZO

発売日:2008/05/28
規格品番:RSRTK-1966
JANコード:4948722351733

夏に聴きたくなるクールボイス「Tanaka-KOZO」のファーストソロアルバムが満を持して登場!
80年代後半、BAZZのボーカリストとして活動したTanaka-KOZOが、2006年10月にソロとして復活。

自身の音楽ジャンルを"NEO ACOUSTIC ROCK"と称し、東京を中心に現在LIVE活動中。
2007年、インディーズランキングサイト「音空※(現在閉鎖)」の月間DL数ランキング、半年間連続第1位となる。

また2008年1月からは、インディーズランキングサイト「Listen To Music」にて、DLアクセス第1位を現在まで連続キープ中である。(※2008年3月現在。)

Tanaka-KOZOの魅力は、ロックを軸にした、レゲエ、カントリー、ボサノバ、ラテンなど、様々なジャンルの音楽を取り入れた多彩なサウンドと、Coolに夏や海を歌いこなす彼のボーカルスタイルにある。

今回の作品は彼がBAZZ解散後、長年書き溜めてきた楽曲の集大成となり、ファーストにしてベスト盤的な意味合いも持つアルバムである。


収録曲
1.SUMMER TIME
2.君が傍にいるから…
3.ひまじん
4.夕凪
5.風鈴
6.眩しい太陽
7.月夜
8.雨の休日
9.月日と共に…
10.列車に乗って旅に出よう
11.自分らしくいこう
12.TURN BACK (LiveVersion)

・・・・・・・・・

江ノ島

発売日:2013/05/3
規格品番:WITH-1005
JANコード:4582450853055

5年振りにTanaka-KOZOの2ndアルバムがついにリリース!
今回もKOZOおなじみの夏や海をテーマにしたアコースティックナンバーがラインナップ。
今作品では1stアルバムではあまり見られなかったエレキギターのフューチャー、またスライドギタープレイなどを多様し、よりブルース的なアプローチがなされているのが特徴だ。
このアルバムには、KOZOの視点から眺めた、眩しくも儚い湘南の風景があちこちに散りばめられている。


収録曲
1.茅ヶ崎Blues
2.とりあえずのBeer
3.江ノ電の唄
4.君と歩こう
5.南へ進んでる
6.触れてみたい唇
7.White Summer
8.I WISH
9.名も無き花
10.九月の雨
11.江ノ島
12.KONA WINDS

・・・・・・・・・

夏を迎えに行く

発売日:2013/02/24
※ライブ会場限定販売の著書(定価:1000円)

Tanaka-KOZOデビュー5周年記念で出版した18篇の小説と、5篇の詩、11篇のエッセイ集。
著者が約20年間書き溜めてきたものの中から、未発表作、新作、そしてブログで発表した原稿を加筆・修正した作品である。
本人がライブの演出の一つである、朗読コーナーで活用している一冊。

収録作品

- 小説 -
SEASON 
8月の午后3時 
そのとき彼が私を呼んだ 
夏の終わり 
雪を食べた日
それでも列車は走り出す 
初夏の午后に冷えたワインを
BIG WAVE 
時計 
夏の始まりを感じるとき
一軒のカフェ 
サンセット 
二人の花火大会
自転車に乗った いつもの帰り道
故郷へ帰ろう 
ちょっと海でも見に小旅行したい気分
海はつながっている ~ since 1986 
Surfer Girl 

- 詩 -
約束
華やかさばかりに目を奪われちゃあいけないよ 
欲望 
心の闇 
神さま 

- エッセイ -
午後にまったり、江ノ島ビールを…。
睡蓮鉢
夏の川魚といえば鮎
蕎麦屋で飲むことの楽しさとは、大人にならんとわからないね
カルピスを飲んでた あの頃の夏空
俺の子供の頃はこんな感じだった…。
素麺と西瓜
最後の夏 
GALAでの思い出
終戦記念日なのでまつわる話を…。 
POST CARD 

・・・・・・・・・

BLOG

最後の夏

2016/08/31 00:00

長いようで短かった夏が終わろうとしていた。

学生時代、夏休みだけの住み込みのアルバイト。

8月最後の日の夕暮時、僕は君とおしゃべりをしてたら駅に向かうバスに乗りそこなった。

次のバスが来るまで、だいぶ時間が空いてしまった。

 僕たちは2人で出かける事は無かったが、休みの日にはバイト仲間らと、鎌倉へ出たり、花火を見に行ったり、海へ泳ぎに行ったりとした。
そんな話を名残り惜しくて、いろいろしてたんだ。

 バス停に僕が東京へ戻るバスが来た時、僕は心の中で早く君に何か言わなくっちゃ…と焦ったんだけど、結局大事な事は何も云えずにバスに乗り込んだんだ。
ただひとこと「また…」と言い残して…。

 本当はもう2度と会うことが無いのだと2人とも分かっていた。
バスの後部座席から、ただひとり見送りに来てくれた君の顔を最後に見た。
その顔がさみしそうに見えたのは、僕の気のせいだったのだろうか?

 携帯電話の無い時代、東京とこの地では2人の距離は遠すぎたかも知れない。

 お互い、もうずいぶん年を取ってしまったね?
君は元気でやっているのかな?

 夏が終わろうとしている夕暮時の海を見ると、あの時のシーンが今でも思い起こされる。

この情報をシェア

COMMENT

何らかのエラーがあり登録できませんでした。
入力に不備があります

・・・・・・・・・

ARCHIVE

COMMENT

Tanaka-KOZOのブログに投稿された最新のコメントです。