turug

初めまして、turug (つるじい)と申します。 パソコンのみで音楽を作り続けること20余年。 ネットへ公開し続けています。 メンバーは、私独り。 この度、LTMさんに登録させて頂きます。 (2017年1月29日(日)現在) まったり、聞いて行って下さいませ。 リスナーのみなさまへ turug より 2019年2月某日より、 休養期間に入りました。 今後は、 気分によって曲やブログの更新をするかもしれません。 何卒ご容赦くださりますよう、 お願い申し上げます次第です。m(_ _)m

このページをシェア

NEWS

ファンタジー・ワールド・ミュージック・シリーズ完結

posted 2019/02/08 09:41:55

昨年5月より投稿を始めました、
架空の西洋ファンタジー物語BGM集、
『ファンタジー・ワールド・ミュージック』
全21曲の投稿を終えました。
ご興味のあります方は、ご試聴くださいませ。m(_ _)m

この情報をシェア

・・・・・・・・・

PROFILE

turug

  • 円山応挙『雪松図屏風』の模写(色鉛筆)
  • ハープを弾く猫
  • 猫ジャズトリオ
  • 喜多川歌麿『納涼美人図』
  • 登龍の不二
  • 八月の風
  • 冬の息
  • 橋の想い出
  • 憩い
1972年生まれ。
名前ですが、自分では turug のことをつるじいと読んでいます。

小学生の時にベートーベンを聞いて、初めて音楽に反応する。

中学生の時にヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの
『スタック・ウィズ・ユー』を聞いて、洋楽にはまる。

大学生の時、クラシックとテクノミュージックにはまる。
この頃から、パソコンで曲作りを始める。
打ち込みという手法で、作曲を続けて今に至ります。
(打ち込みといいますのは、音楽ソフトを使って、
 マウスで音符データを一つ一つ入力して曲を作り上げる
 曲作りの手法のことです。)

30代になって、ネットのアマチュアミュージシャンの音楽も
聞き始める。

40代の今現在も、
モーツァルトのピアノソナタを理想に掲げて
打ち込みに励んでいます。
全くの独学の作曲人生です。

HISTORY

2017/1/29 PCで曲を作り続けて20余年。これからも継続の予定です。
2017/1/29 ワルツ第5番、ワルツ第8番を発表。
2017/1/31 ワルツ第12番を公開。
2017/2/6 カノン小品を公開。
2017/2/12 『粉雪」公開。
2018/5/4 西洋ファンタジー物語を基にしましたBGM集、
『ファンタジー・ワールド・ミュージック』シリーズ
公開開始。
2019/2/8 BGM集『ファンタジー・ワールド・ミュージック』、
公開完結。

BLOG

組曲の構想。。☆

2019/03/16 20:10

こんにちは、お世話になっております。turug です。

まだしばらくは休養期間を設けたいところですが、
作曲を休んでいますと、人様の音楽を聴いたり、
プロのCDを聴いたりする時間ができて、
いろいろと刺激を受けております。

想像の内ですが、
次の構想を練っているところです。

最近、図書館で借りて聞いている
J.S.バッハの「フランス組曲」に影響を受けまして、
自分でも、簡単でいいから作れないかと
考えているところです。

およそ5,6曲を1セットにして
一つの作品とするのですが、
実は2曲ほど作ってみたものがあります。

また活動再開の折には、
続きも作って、一つの作品群にできればと
思っています。

でも今は
作るより、聴く方に時間を作りたいところです。
それではまたの更新まで。☆

TAGS

この情報をシェア

COMMENT

何らかのエラーがあり登録できませんでした。
入力に不備があります

・・・・・・・・・

ARCHIVE

TAGS