BINA's Orchestra

☆BINA・・シンガー&ソングライター。アコースティック・ギター抱えて関東一円活動中。様々な優れたミュージッシャンとも共演。ジャンルは BINA・style。哀歌と子守唄がベースにある。   .

このページをシェア

PROFILE

BINA's Orchestra

BINA's Orchestra

ー新しい音楽を求めて発信中ー





Vocal : BINA  Guitar : Mikinosuke Percussion : Kakishima Shinya


BLOG

Live Report 3/22

2020/03/28 10:45




日本列島、南、西、東と
桜前線が上がって来て、今や関東は薄ピンクのベールに包まれています。
きょうは週末ながら、雨、雪の予報です。
首都圏外出自粛令の中、
家の窓から、近くの花を眺めるいちにちになりそうですね。
仕事の相次ぐキャンセルで ダメージを受けていますが
季節の変わり目のためか体調もすぐれません。

ご報告遅くなりましたが
Almanac House でのlive 無事終了しました。
この日、ほりちえさんが欠場となり
BINA/まゆかつさん/松浦さだ吉さん/布元孝さん の出演となりました。
そして何と、お客様お呼びしなかったのに
音楽仲間、M嬢が駆けつけて下さいました、感激!
たったお一人のお客様を囲んでの演奏会となりました。
19時半近く ゆっくりとマイスター演奏始まりました。
「Lemmon Tree」
「Country Road」
マイスターも花粉症ひどいご様子で、時折
流出してくる鼻水のせいで演奏が止まる一幕も。
この日は、いつものMartinでもGibsonでもなく
どこぞのゴミ置場で手に入れたという、
国産の年季の入ったguitarを使用。
どんなguitarを弾いても、マイスターの音になっているのが不思議です。
私はだいたいmy mikeを持参するのですが、マイスター曰く
「どんなマイク使おうが、一緒だよ。へたなやつはへただからね」
然り・・
☆松浦さだ吉さん
「春爛漫」「春」と
 桜の象眼細工もキラキラと眩しいMartin を掻き鳴らしながらの
 ストローク曲が続いて
「どうしますか、あなたなら」ードラマの主題歌
 阿部真央さんの歌を聴きましたが、松浦さんが歌う歌詞
ーいい自分でいたい、思うほど苦しい。
 きれいな丸をもらえても
 それで 嬉しいのか?
 この年齢ならではの歌詞の深みにズキンと来ました。
 ご旅行の先々で、演奏活動をされているとのこと
 うらやましい限りです。
 長崎は松浦市にて住吉神社にお参りをし、アジフライを食し
 ライブハウスで歌い、満喫されたとのこと。
 ご自身のテーマソング
 「I love 松浦」最高です!
 あとは、良縁に恵まれるのみ。 
 お祈りしています!

☆まゆかつさん
 神楽坂のMash Recordsでは時折ご一緒しますが
 共演は久しぶりです。あ、South Journeyのとき少しご一緒。
 長谷川きよし「卒業」からスタート。
 中学生時代にこの方に影響を受けてクラシックギターを
 始められたとか。難曲ですが、まゆかつさんの歌になっています。
 きっと、長年愛唱されてこられたんだろうなあ・・
 「君の朝」岸田智
 「恋」松山千春
 しっとりした曲の後、
 「ダウンタウン」山下達郎 で華やかに軽快に。
 「透明」ーオリジナル
いつもオリジナル中心のまゆかつさんですが
この日は珍しくカヴァー曲が多かったです。
それにしても、こういう上手い方は
どんなジャンルの曲も即座にカヴァーできちゃうんだろうな、
しかも自然に自分の歌になっていて・・
憧れてしまいます。
Youtubeでの配信「しぼんだままサタデー」
リカちゃん人形も登場し、すごく面白いです。
Mash records牟田さんインタビューから始まった
Live House紹介。。近いうち、Almanac Houseさんも
登場するようで 乞うご期待です。

☆BINA
今回は、オリジナル主体です。
「Melody」以前は、The Rolling Stonesの「Melody」と
 メドレーで演奏していましたが、今回ひさしぶりにsoloで、単品。
 オープニングで演奏してみました。
 間奏部分の展開、もっと遊んでみたい、次回の課題。
「Gardener Blues」
「Knocking Spring」
「Ragtime Blues」
「星の夜の夢」
最近演奏しているline upです。

☆布元孝さん
実は古いつながりです。何度か、幾つかのlive houseでご一緒させて
いただきました。
North journeyからまたご一緒させていただき
soloでの共演は今回初めてです。
いきなり度肝を抜かれた
「Calling You」
張りのある雄叫びのような第一声で始まりました。
「バクダッド・カフェ」いい映画でしたね。
「Isn't she lovely?」
寿限無亭ご主人佐藤さんに向けて
「アンクル・シュガー」
信じられない、正月明けの寿限無亭焼失・・
その後どうされていたか心配でしたが
また新しい目標を持たれて、再稼働されたそうです。
良かった! 
布元さん、高橋さん、田中さんありがとうございます。
「春先小紅」矢野顕子
なんという曲をコピーされるのでしょうか?
しかも、かなり歌いこんでいるご様子で。
マイスターから、かなり似て来た、というお褒めのお言葉が。
「はっとしてgood」田原俊彦
国内外、予想外のカヴァー曲のオンパレード。
すごく楽しませていただきました。
こうして楽しい夜は過ぎていき
マイスターの締めの時間がやってきました。
きょうは 人が減ったことで時間的にも余裕あり。
いつもよりいっぱい演奏していただくことに。
「ドナ・ドナ」
「Jefferson Hotel」
「Whisky」ーまゆかつ さんがバーボンを飲んでいて
 私も、つられてこのあと一杯注文。グラスを見るとダブルで入って
 いるではありませんか! 久しぶりで美味しかった。
マイスターオリジナル曲「約束」
最後の締めはこの曲です。
「Good night、Irene」

コロナの爆発的?蔓延の中
一夜の憩いの時間はゆったりと過ぎていきました。
この日来てくれたMさんをご紹介し
次回、5/17にご一緒することになりました。すてきな歌声ですよ!

Mさん、出演者のみなさん、マイスター
きょうもまたお世話になりました。
お互い、健康に気をつけて過ごしましょう。

感謝を込めて

            2010.3.28 花曇りの日に









この情報をシェア

・・・・・・・・・

ARCHIVE

TAGS