BINA's Orchestra

☆BINA・・シンガー&ソングライター。アコースティック・ギター抱えて関東一円活動中。様々な優れたミュージッシャンとも共演。ジャンルは BINA・style。哀歌と子守唄がベースにある。   .

このページをシェア

PROFILE

BINA's Orchestra

BINA's Orchestra

ー新しい音楽を求めて発信中ー





Vocal : BINA  Guitar : Mikinosuke Percussion : Kakishima Shinya


BLOG

Live Report  4/23

2021/04/27 10:30




4/23(金)市川ALMANAC HOUSEで 飛び入りライブしてきました!
「 いやらしNight」またろうさん/詩笑さん
 以前、お誘いいただい他のですが、緊急事態宣言やらで繰り越しになっていました。
4月は新学期も始まり、バタバタするので一度ご辞退させていただいていました。オーディエンスで伺うと、またろうさんにメールしたら、telさんが欠席とのことで、急遽、参加させていただくことになりました。
なんと、4ヶ月のご無沙汰でした。
マイスターもお変わりなく、清田さんもいらしてました。
時短ということで、マイスターの演奏が聴けないのは残念ですが
トップバッターで始めます。

☆BINA
1いまはの星
 清志郎さんの命日にちなんで捧げます。
2春日エレジー
 新曲。ライブで初披露です。だいぶ慣れてきました。
3ぼくがとんぼだったころ
 先日、Mash Recordsで、横倉さんと何と1年ぶりの共演!
 思ったよりスムーズに、リラックスして演奏できました。
4Ragtime Blues
 ギター伴奏バックアップしてもらって、また、カズーが吹きたいです!
5Tennessee Wals
 6/8と 3/4 、両方の拍子組み合わせてみました。
 どっちがいいかな? 自分としては6/8なんだけど。
飛び入りのわりに、しっかり30分演奏させていただきました。
ありがとうございます!

☆詩笑さん
チキンズ(Kojiさんとのduo)でのハーモニカ演奏しか聴いたことがありませんでしたが、今回はsolo弾き語りです。
聴いてびっくり。なんとも深く響く、いい声です。またろうさんの日でしか
披露しないとのこと。バンド活動もされていて、キャリアも十分なのにもったいないですね。もっと活動させるといいのに・・と、またろうさんと話していました。そのバンド時代の曲から何曲か。
「ウルフのような彼女」という歌が、リアルで切実に響いてきました。

☆またろうさん
清志郎がすごくお好きだとのこと。
声もまたよく似ていて、カヴァーを歌っていましたが
愛着が伝わってくる演奏でした。
エレキも上手で、North Journeyではバンドでも大活躍。
Almanacの出演者の中で、一番素敵なミュージシャンではなかろうか。
意外と、ギターも歌も両方上手い人っていないものなのです・・
清志郎さんの感覚をブルージーィに一捻りして、ちょっと泥と塩を
混ぜた感じ(笑)
ちょっとクセのあるやさぐれ感と感傷が、味があっていいと思うのです。
綺麗で美味い奏者はいっぱいいるけど
どんな味をつけるかが個性でしょう。
そこに一番 惹かれる。

BINAの場合は、多分、どこかに一滴、毒をたらしています。
眠くなる・・とはよく言われていますが。

またろうさんの最後は、詩笑さんもハープでジョイントします。
二人の相性はとても良いです! ブルース合ってますね!
さすが、バンドマンは盛り上げる方法というか、
お客さんを楽しませる方法をよくわかっているといつも思います。

勉強させていただきました。

次回は、6月13日(日)
水野美佐子さんとご一緒の日に予定入れていただきました。
今回は、譜面から目を離せなかったのが残念です。

さて、練習、練習!





 

この情報をシェア

・・・・・・・・・

ARCHIVE

TAGS